酵素の偉大な力

人と生活に密接な関係にある『酵素』。私たちは酵素の偉大な力で支えられ助けられて生活しています。

ものを作り出すためには、様々な化学反応が繰り返されています。ある物質と物質が出会っても、分解や合成という化学反応は通常の条件では起こりにくかったり、全く反応しない場合もありますが、そこへ他の物質を加えて反応しやすい環境を整えてあげることで、反応が加速したり、反応を可能にすることができます。その物質が触媒です。

触媒は、目的に応じて多くの種類が開発され、幅広い分野で利用されていますが、私たちの体内で起こっている様々な化学反応を触媒する物質として重要な役割を持っているのが「酵素」なのです。

私たちは、生きるための源を得るために食事を摂っていますが、摂り入れた栄養は、そのままのかたちでは体内で利用することはできません。食べ物を消化・分解したり、エネルギーに変えるといった体内で起こっている様々な化学反応を成立させているのが、酵素なのです。

まず、食事を摂ることによって最初に働くのが、消化酵素です。炭水化物を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼなどによって、体に必要な栄養素が抽出されます。そして、腸壁で吸収された栄養素をエネルギーに変える代謝酵素が出番となるのです。

体に必要な栄養素を体の隅々の細胞に送り届けて、各臓器、血管、骨、筋肉、皮膚を作り上げると同時に、体に不要な老廃物を排泄させ、外部から侵入してきた害となるウイルスや細菌、毒素を無害なもにします。
そればかりか、各臓器や筋肉、脳を正常に動かしたり、免疫力や自然治癒力を高めているのも酵素の力なのです。体調を崩してしまった時に、薬を飲んで快方に向かうのも、薬の作用だけではなく、代謝酵素による修復作業が体内で行われているからなのです。
このように、私たちの体内には多くの酵素が存在し、休むことなく生命維持のために働いています。

そして、酵素の力は日常の様々な分野でも活用されています。
発酵食品の製造をはじめ、水あめやブドウ糖などの糖類の製造、製パン、酒造、食肉の軟化、飲料の清澄化などの食品加工として。また、日用品では、酵素の分解・洗浄力を利用した洗剤、化粧品もそうですし、医療や製薬の分野でも、幅広く活用されています。

 

酵素

からだにとって酵素とは

酵素栄養学

酵素というと洗濯洗剤を思い出す人が多いかもしれません。
タンパク汚れを酵素のパワーで落とす、という宣伝で一躍知られるようになりました。

酵素の漠然としたイメージは、分解したり消化したりというものではないでしょうか?

人間の細胞にとってなくてはならないのが酵素です。
一説には酵素の種類は何百種類にもわたるといわれており、それぞれに重要な役割を持っています。

酵素には消化酵素代謝酵素の二つがあります。

まず、消化酵素はその名の通り人間の胃や腸のなかで食べ物を消化するのに使われるものです。

消化酵素にもいくつもの種類があるのですが、この酵素はこの食べ物にアプローチする、などといった役割分担があります。
消化酵素は一食ごとに摂取する食べ物によっても使われる種類や量が異なってくるため、健康面から酵素を考えるときにいちばん大切なものといえます。
もし普段から満腹状態まで食事を多く食べる人はそれだけ酵素を浪費しやすい傾向にあります。
酵素が追いつかなければ消化活動も厳しくなるため胃腸が弱ったり、肥満の原因につながります。

一方、代謝酵素はエネルギーをどういうふうに消費していくのかに絞った使われ方をします。
消化酵素が胃や腸の消化活動に特化しているとすると、代謝酵素は基礎代謝を維持して体の中にたまりがちな余分なものを排出していく役割をもちます。
代謝が悪くなるとむくみがちになったり、血行が悪くなり、病気を引き起こす原因につながります。

もともと酵素は生まれつき人体に存在しています。
ただ、年齢が上がるにしたがって酵素の絶対量が減少していくため、外から摂取してやる必要が出てきます。

こうしたなかから最近健康維持のために登場してきたのが酵素ドリンクです。
液体のため固形物よりも酵素を無駄遣いすることなく体内に取り入れることができます。
胃腸を休めるのにも効果的で、手軽でヘルシーな一杯として健康習慣に取り入れることをおすすめします。

酵素

酵素栄養学

酵素、酵素と最近耳によくします。ところで、この「酵素」って何なのでしょう。

酵素とは、私達の身体を作っているもの、ビタミンやたんぱく質と同じように大変重要な栄養素の一つなのです。この酵素には、体内では大きく「消化酵素」と「代謝酵素」に分けられます。

消化酵素とは、食べ物の消化や吸収を助ける働きをします。一方、「代謝酵素」とは、人間の身体の生理的活性物質の合成や分解を助ける働きをします。つまり、「消化酵素」も「代謝酵素」も、我々人間が生きていくうえで絶対に欠かせない栄養素なのです。ダイエットや、美容・健康の鍵を握っている栄養素とも言えるわけです。

この酵素ですが、人間の体内で生成される量は決まっているそうです。
体の中で、大変重要な役割を担っている酵素なのですが、実は、一生のうちに体内で生成される酵素の量は決まっているのだとか。つまり、一日のうちに作られる酵素の量も、個人差があるものの一定なのだそうです。

この体内で生成される酵素のことを潜在酵素と呼んでおり、消化酵素と代謝酵素に分けられ、その量は限られています。そして、使いきってしまえば終わり。一説によれば、この使いきった状態が「死」を意味するとも言われています。

消化酵素も代謝酵素も一定量の潜在酵素の範囲内でしか生成されません。潜在酵素を消化酵素として大量に消費してしまうと、代謝酵素に回される量が減ってしまいます。無駄に消化酵素を大量に消費してしまうと、代謝酵素の量が減ってしまいますから、体内の筋肉や臓器等の生成・修復・交換等が上手く働かないことになりますし、免疫機能も低下してしまいます。
このように、体内の酵素が不足してしまうと、様々な不具合が生じてしまうために、上記のように「体内の酵素がなくなってしまった時が人間の寿命」と言われているのです。

 

酵素

酵素の浪費を抑える

人間の体内で生産される「酵素」の量。この量は、人によって異なると言われています。恐らくDNAと深くかかわっているからだと言われています。

ただ間違いなくいえることは、体内で生成される酵素の量は、年齢を重ねるごとに確実に減って行くと言うことです。

生まれたばかりの赤ちゃんの酵素の量は、高齢者の方の数百倍もあると言われています。
生まれた瞬間に一定量の酵素が与えられ、それが年齢とともに減って行く。そして酵素を使いきった時が死ぬ時だ」という研究者もいるとのことです。

年齢とともに食欲が減退するのも、「消化酵素」の生産が減少し、消化が悪くなるからと説明がつくそうです。

歳をとって、若い頃と同じくらいの食事を摂ったとすると、殆どの場合、消化不良を起こし、頭痛・肩こりの原因にもなりますし、代謝酵素の不足からくる慢性病を発生してしまう場合もあるようです。

年齢とともに消化酵素が不足し、消化が充分に行われない状態になると、本来消化作業に加わらない代謝酵素までが、駆り出されることになります。こうなると今度は、「代謝不良」状態に落ちいてしまいます。代謝酵素は全身の臓器、骨格などの修理・点検・補修作業、不要になったものを排出し古い物を改善し、新しいものに置き換える作業を行いますが。これが不足すると、内臓などにガタがきたり、老化の進行が早まってしまう等の状態を招いてしまいます。

肝心なことは、常日頃から正しい食生活に努めることです。これにより、酵素の浪費を抑えることが出来ます。そして生野菜や果物、刺身等の生ものを出来るだけ摂ることにより、外部から積極的に酵素を補充するということも大切です。

酵素

酵素を貯金する

人間の体内で生成出来る酵素の量は決まっています。そして生成された酵素、或いは外部から吸収された酵素は、消化・吸収を助ける「消化酵素」と体内の臓器や器官の生成・補修・不要になったものを排泄するなどの役割を果たす「代謝酵素」に使用されます。

しかし、上記のように体内で生成される酵素の量には限界があるため、無駄遣いをなくすか、積極的に外部から摂取していく必要があります。

特に現在人をみていると、これでもかと言わんばかりに消化酵素を無駄遣いしているように思えて仕方ありません。

例えば、ラーメンや焼き肉などの加熱調理したメニュー中心の食事、夜遅い時間帯の大量の食事、野菜・果物は食べない、食べるのはコンビニで買ってきたスナック菓子など、おまけに喫煙や大量の飲酒となると、もう大量に消化酵素を消費しているとしか思えません。このような生活で健康でありたいと思うこと自体が無理な話で、結局、40代という若さで生死にかかわるような病にかかってしまったり、50代という若い年齢で亡くなってしまうということになってしまいます。

先日のテレビ番組で、100歳になるおばあちゃんにインタビューをしている場面がありました。
「普段は、どのような食事をなされていますか」という質問に、このおばあちゃんは、「朝は、野菜と果物中心。それに味噌汁。昼と夜は、これにご飯と魚、漬物が多少増える位。歳も歳だから、食べる量はそれ程多くない」といったような趣旨の回答をされていました。

これこそが、100歳まで生きる長寿の秘訣ではないでしょうか。

生の野菜と果物からは、たくさんの酵素が摂取できます。さらに味噌汁と漬物。味噌汁はあたためますから酵素の摂取はできませんが、他の栄養素を沢山摂取することが出来ます。
また、漬物は発酵食品ですから、<span style=”text-decoration: underline;”>生きた酵素</span>がたっぷり含まれいています。

少量の食事というのもいいですね。

若い方には、もう少し栄養価の高い食事を摂る必要がありますが、このおばあちゃんの食事は
理想に近いものがあります。

日頃から加工食品や加熱食品中心の生活をされている方にとっては、食事の改善をされた方がいいでしょう。

酵素

酵素の話

酵素は、人間や動物・植物を含め、あらゆる生命体に存在すると言われています。
存在しなければ、生命活動はありえません。なぜなら、体内で起こる化学反応の触媒的な役割を果たしているからです。

大変重要な役割を担っている「酵素」ですが、「人の寿命は体内の酵素によって決定される」、「酵素の量は人それぞれに、一生の生産量が決まっている」といわれています。

毎日、毎日、人間の体内では色々な酵素が生産されていますが、同時に消化や代謝のために消費されています。その酵素の量は、生まれた瞬間から決められた量しか生産されないらしいのです。生産され、同時に消費される。そして、酵素の生産量は歳を重ねるごとに減少すると言われ、遂に酵素がなくなった時、これが「死」なのだとか。

普段の生活の中でも、体内で生産される酵素の量次第では、「体調がいまいち」とか「病気になる」ということが起こります。まさに、酵素の影響と言えるそうです。

ですから、酵素を体内に残存させておく必要があるのですが、方法は2つしかありません。
・体内で消費する酵素の量を減らす
・外部から沢山の酵素を摂取する
の二つです。

このように限りある酵素を賢く活用する方法には幾つがありますが、体内にある「消化酵素」や
「代謝酵素」を無駄使いしないということにつきます。例えば、「腹八分目」。消化しきれないほどの大量の食物が身体に入ってくると、体内では消化酵素を大量に消費する作業が行われます。この消化酵素の大量消費を抑えるために、直ぐできる方法は、「腹八分目」です。
また、汚染された食品や化学薬品などを用いた食品を摂取すると、体内では有害な物質を排除するために、今度は「代謝酵素」が大量に消費されてしまいます。
出来るだけ添加物の少ない食品を摂取するよう心がけることも必要です。

ですから、体内の酵素を無駄遣いしない、生野菜、果物、刺身等の生ものを出来るだけ摂って
外部から酵素を積極的に摂り入れることが必要になります。

もう一つ重要なことがあります。上記の体内の酵素の極力節約することに通じますが、時には
内臓を休ませ、腸の中を綺麗にしてあげるということも、時には必要なようです。
つまり体内リセット。最近良く耳にする「ファスティング」という断食法です。

まとめますと、
・酵素を無駄遣いしない食事を心がける
・外部から酵素をたっぷりと得られる食事を心がける
・内臓を定期的に休ませる

この3つを、日常生活の中に取り入れるように心がけたいものです。

 

 

 

酵素