酵素を貯金する

人間の体内で生成出来る酵素の量は決まっています。そして生成された酵素、或いは外部から吸収された酵素は、消化・吸収を助ける「消化酵素」と体内の臓器や器官の生成・補修・不要になったものを排泄するなどの役割を果たす「代謝酵素」に使用されます。

しかし、上記のように体内で生成される酵素の量には限界があるため、無駄遣いをなくすか、積極的に外部から摂取していく必要があります。

特に現在人をみていると、これでもかと言わんばかりに消化酵素を無駄遣いしているように思えて仕方ありません。

例えば、ラーメンや焼き肉などの加熱調理したメニュー中心の食事、夜遅い時間帯の大量の食事、野菜・果物は食べない、食べるのはコンビニで買ってきたスナック菓子など、おまけに喫煙や大量の飲酒となると、もう大量に消化酵素を消費しているとしか思えません。このような生活で健康でありたいと思うこと自体が無理な話で、結局、40代という若さで生死にかかわるような病にかかってしまったり、50代という若い年齢で亡くなってしまうということになってしまいます。

先日のテレビ番組で、100歳になるおばあちゃんにインタビューをしている場面がありました。
「普段は、どのような食事をなされていますか」という質問に、このおばあちゃんは、「朝は、野菜と果物中心。それに味噌汁。昼と夜は、これにご飯と魚、漬物が多少増える位。歳も歳だから、食べる量はそれ程多くない」といったような趣旨の回答をされていました。

これこそが、100歳まで生きる長寿の秘訣ではないでしょうか。

生の野菜と果物からは、たくさんの酵素が摂取できます。さらに味噌汁と漬物。味噌汁はあたためますから酵素の摂取はできませんが、他の栄養素を沢山摂取することが出来ます。
また、漬物は発酵食品ですから、<span style=”text-decoration: underline;”>生きた酵素</span>がたっぷり含まれいています。

少量の食事というのもいいですね。

若い方には、もう少し栄養価の高い食事を摂る必要がありますが、このおばあちゃんの食事は
理想に近いものがあります。

日頃から加工食品や加熱食品中心の生活をされている方にとっては、食事の改善をされた方がいいでしょう。

2015年2月25日 酵素を貯金する はコメントを受け付けていません。 酵素