酵素の話

酵素は、人間や動物・植物を含め、あらゆる生命体に存在すると言われています。
存在しなければ、生命活動はありえません。なぜなら、体内で起こる化学反応の触媒的な役割を果たしているからです。

大変重要な役割を担っている「酵素」ですが、「人の寿命は体内の酵素によって決定される」、「酵素の量は人それぞれに、一生の生産量が決まっている」といわれています。

毎日、毎日、人間の体内では色々な酵素が生産されていますが、同時に消化や代謝のために消費されています。その酵素の量は、生まれた瞬間から決められた量しか生産されないらしいのです。生産され、同時に消費される。そして、酵素の生産量は歳を重ねるごとに減少すると言われ、遂に酵素がなくなった時、これが「死」なのだとか。

普段の生活の中でも、体内で生産される酵素の量次第では、「体調がいまいち」とか「病気になる」ということが起こります。まさに、酵素の影響と言えるそうです。

ですから、酵素を体内に残存させておく必要があるのですが、方法は2つしかありません。
・体内で消費する酵素の量を減らす
・外部から沢山の酵素を摂取する
の二つです。

このように限りある酵素を賢く活用する方法には幾つがありますが、体内にある「消化酵素」や
「代謝酵素」を無駄使いしないということにつきます。例えば、「腹八分目」。消化しきれないほどの大量の食物が身体に入ってくると、体内では消化酵素を大量に消費する作業が行われます。この消化酵素の大量消費を抑えるために、直ぐできる方法は、「腹八分目」です。
また、汚染された食品や化学薬品などを用いた食品を摂取すると、体内では有害な物質を排除するために、今度は「代謝酵素」が大量に消費されてしまいます。
出来るだけ添加物の少ない食品を摂取するよう心がけることも必要です。

ですから、体内の酵素を無駄遣いしない、生野菜、果物、刺身等の生ものを出来るだけ摂って
外部から酵素を積極的に摂り入れることが必要になります。

もう一つ重要なことがあります。上記の体内の酵素の極力節約することに通じますが、時には
内臓を休ませ、腸の中を綺麗にしてあげるということも、時には必要なようです。
つまり体内リセット。最近良く耳にする「ファスティング」という断食法です。

まとめますと、
・酵素を無駄遣いしない食事を心がける
・外部から酵素をたっぷりと得られる食事を心がける
・内臓を定期的に休ませる

この3つを、日常生活の中に取り入れるように心がけたいものです。

 

 

 

2015年2月25日 酵素の話 はコメントを受け付けていません。 酵素