酵素ダイエットのやり方

酵素ダイエットとは、基礎代謝を上げて、食べて基礎代謝を上げたり、摂取カロリーを少なくすることができるので、置き換えダイエットとしても使うことができます。

酵素は体を活性化させる作用があり、消費するカロリーが増加しますし、酵素を含んだ食品は腹持ちが良いのでカロリーカットができるのです。

酵素ダイエットのやり方は、食事の代わりに摂取する、一日の食事のうち1回を置き換えて長期間続ける置き換えダイエットと、1日から2日の食事を完全に断つ断食ダイエットがあります。

置き換えダイエットは、朝食や昼食、夕食のどれか1食を摂らず、代わりに酵素液を飲みます。
商品によって異なりますが、指定の量の酵素液を水やフレッシュジュースなどで薄めたり、原液のまま摂取します。

置き換えダイエットで一番効果が大きくなるのは、夕食置き換えですが、朝食置き換えが一番簡単にできるので、初めての人は朝食置き換えから始めると安心です。1日の食事のうち、どれかを必ず置き換えるという方法を行うことでダイエットができます。

断食のやり方は、1日コースなら1日の食事すべてを、2日コースなら2日間の食事すべてを酵素液による摂取だけにします。
固形物は一切摂取せず、酵素液やミネラルウォーター、フレッシュジュースなどを摂るようにします。
空腹を感じた場合は、酵素液を飲むようにすることでダイエット効果を得ることができますが、酵素液は医薬品ではなく食事なので多量摂取しても副作用もありません。

しかし、3日以上の断食を個人で行うのは大変リスクが大きいので、2日までにしておきましょう。

断食後は食事を通常に戻す副食が重要です。
断食明けにたくさん食事を摂ってしまうと、胃腸を刺激してしまう上、リバウンドも起こしやすくなりますから、食事はゆっくりもとに戻していきましょう。

断食が終わった翌日の朝食は酵素液とトーストを半分、昼食はうどんやそばなどの消化の良いものを、夕食から平常通りというように戻していくと、酵素ダイエットは成功しやすくなります。

いま、ほうれん草ダイエットという方法も注目を浴びていますよ!

 

2015年2月25日 酵素ダイエットのやり方 はコメントを受け付けていません。 酵素ダイエット