酵素の偉大な力

人と生活に密接な関係にある『酵素』。私たちは酵素の偉大な力で支えられ助けられて生活しています。

ものを作り出すためには、様々な化学反応が繰り返されています。ある物質と物質が出会っても、分解や合成という化学反応は通常の条件では起こりにくかったり、全く反応しない場合もありますが、そこへ他の物質を加えて反応しやすい環境を整えてあげることで、反応が加速したり、反応を可能にすることができます。その物質が触媒です。

触媒は、目的に応じて多くの種類が開発され、幅広い分野で利用されていますが、私たちの体内で起こっている様々な化学反応を触媒する物質として重要な役割を持っているのが「酵素」なのです。

私たちは、生きるための源を得るために食事を摂っていますが、摂り入れた栄養は、そのままのかたちでは体内で利用することはできません。食べ物を消化・分解したり、エネルギーに変えるといった体内で起こっている様々な化学反応を成立させているのが、酵素なのです。

まず、食事を摂ることによって最初に働くのが、消化酵素です。炭水化物を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼなどによって、体に必要な栄養素が抽出されます。そして、腸壁で吸収された栄養素をエネルギーに変える代謝酵素が出番となるのです。

体に必要な栄養素を体の隅々の細胞に送り届けて、各臓器、血管、骨、筋肉、皮膚を作り上げると同時に、体に不要な老廃物を排泄させ、外部から侵入してきた害となるウイルスや細菌、毒素を無害なもにします。
そればかりか、各臓器や筋肉、脳を正常に動かしたり、免疫力や自然治癒力を高めているのも酵素の力なのです。体調を崩してしまった時に、薬を飲んで快方に向かうのも、薬の作用だけではなく、代謝酵素による修復作業が体内で行われているからなのです。
このように、私たちの体内には多くの酵素が存在し、休むことなく生命維持のために働いています。

そして、酵素の力は日常の様々な分野でも活用されています。
発酵食品の製造をはじめ、水あめやブドウ糖などの糖類の製造、製パン、酒造、食肉の軟化、飲料の清澄化などの食品加工として。また、日用品では、酵素の分解・洗浄力を利用した洗剤、化粧品もそうですし、医療や製薬の分野でも、幅広く活用されています。

 

2015年2月25日 酵素の偉大な力 はコメントを受け付けていません。 酵素